2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.12.08 (Wed)

もう30年か~



Happy Xmas (War is Over)


So this is Xmas
And what have you done
Another year over
And a new one just begun
And so this is Xmas
I hope you have fun
The near and the dear one
The old and the young

A very Merry Xmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear

And so this is Xmas
For weak and for strong
For rich and the poor ones
The world is so wrong
And so happy Xmas
For black and for white
For yellow and red ones
Let's stop all the fight

A very Merry Xmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear

And so this is Xmas
And what have we done
Another year over
A new one just begun
And so happy Xmas
We hope you have fun
The near and the dear one
The old and the young

A very Merry Xmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear
War is over, if you want it
War is over now

Happy Xmas



スポンサーサイト
EDIT  |  20:41  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.11.02 (Tue)

生活の柄




歩き疲れては

夜空と陸との隙間にもぐり込んで

草に埋もれては寝たのです

ところかまわず寝たのです

歩き疲れては

草に埋もれて寝たのです

歩き疲れ

寝たのですが

眠れないのです


このごろは眠れない

陸を敷いては眠れない

夜空の下では眠れない

揺り起こされては眠れない

歩き疲れては

草に埋もれて寝たのです

歩き疲れ

寝たのですが

眠れないのです


そんな僕の生活の柄が

夏向きなのでしょうか

寝たかと思うと寝たかと思うと

またも冷気にからかわれて

秋は秋からは

浮浪者のままでは眠れない

秋は秋からは

浮浪者のままでは眠れない


歩き疲れては

夜空と陸との隙間にもぐり込んで

草に埋もれては寝たのです

ところかまわず寝たのです



by高田渡


EDIT  |  21:18  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.10.19 (Tue)

小さい樹




ずっと羽ばたいていたのかい

休むための枝もなく

隠れるための巣もなく


ひたすら

前を向いて

その小さな翼をはためかせていたのかい



つかれたろう

怖かったろう


僕の肩にとまってくれればよかったのに

でも君は僕ではなくもっと大きな樹を探していたんだ


鳴きながら

震えながら

それでもなんとかその樹にたどり着いたんだね



僕の肩は小さいけど

見つけることも難しいかもしれないけど

君のために休める場所はいつでもあけておくから


休みにくればいい

そう

いつでも

どんなときでも





EDIT  |  21:19  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2010.09.07 (Tue)

友だち




友だちは大事やで ほんまに ほんまに 大事やで

絶対なくしたら あかんのやで 友だちは大事やで

おまえが泣きたいときは おまえの涙を拾ってくれる

心の中が 心の中が 明るくなってくる


友だちは大事やで ほんまに ほんまに 大事やで

絶対なくしたら あかんのやで 友だちは大事やで

おまえが苦しいときは おまえの苦しみ背負ってくれる

心の中が 心の中が こんなに軽くなる


友だちは大事やで ほんまに ほんまに 大事やで

絶対なくしたら あかんのやで 友だちは大事やで

おまえがうれしいときは おまえの喜び感じてくれる

心の中が 心の中が 喜びであふれる


友だちは大事やで ほんまに ほんまに 大事やで

絶対なくしたら あかんのやで 友だちは大事やで





大好きな唄です

福祉関係のイベントとかでよく唄ってます

友だちってほんとに大事ですよね

なくしたくはありません




EDIT  |  22:09  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2010.09.04 (Sat)

嵐のあと





その町に突然の嵐

激しく吹き荒れ
電柱は折れ
家でさえ吹き飛ばす
竜巻のような

コンクリートでさえ崩してしまい
山から大量の土と岩と木を押し流す
土石流のような

船を陸地に押し上げ
陸地にあった物をことごとく海へ流しさる
津波のような

あるもの一切合切を
一瞬にして破壊してしまう
そんな嵐

そして
嵐が吹き荒れたのが嘘のように
何ごともなかったような静寂がその町にもどり
陽気なカーニバルが始まった
そして
心地よく
穏やかな
その町にとっての日常がまた始まる

じゃあ、僕は?
梅雨の雨のように今なお降り続き
いつしか僕の心の底にたまりつつある泥 が
僕の心でぬかるんでゆく

止まない雨はないよってあなたは言った
けど僕の雨は自らの力でとめてみせよう
心の中の泥を取り除き
一歩でも前へと踏み出すため
ぬかるんだ道もいつしか光に照らされるから



EDIT  |  13:36  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。