2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.04.30 (Fri)

藤村直樹さんという唄い手




藤村直樹さんという唄い手さんがいてました


62歳のシンガーでありお医者様です

27日に敗血症でお亡くなりになったとのこと

残念でなりません



実は藤村さん自身は最近まで知りませんでした

でも藤村さんが唄っていた「市民病院」という唄はよ~く知っています

俺が中学生ぐらいだったころ

俺の兄がよく「市民病院」を唄っていたから


そして俺がギターを弾くようになってから今でもですが

「市民病院」のイントロ部分をチューニング後に引くというのがおきまりです


ただ最近までこの「市民病院」という唄を誰が唄っているのかが解りませんでした


いろいろネットなんかで調べてやっと藤村さんのお名前をしり、CDを買わせてもらいました

そして自分のライブで「市民病院」を何度か唄わせてもらいました



俺の尊敬している唄い手の中島光一さんとひがしのひとしさんと3人でライブをするというので観に行きました

そうとうお体悪いようでしたが凛とした姿勢で最後まで唄われていた姿が忘れられません

その時「10年目のごあいさつ」という約40年ぐらい前にだしたレコードの復刻CDを限定販売されていてそれも買わせてもらいました

ライブ終了後少しですがお話もさせて頂き、中島光一さんより兄の話を聞いたようで「それではお兄さまにこのCDを渡してください」と「老人は国会突入を目指す」というCDと頂きました


俺にとって最初で最後の生唄であり、お話できた機会でした

市民病院は原曲はセントジェームス病院だったと思います

藤村さんの町工場のブルースや悲しきD.Jはライブで是非うたいたいと思っています

また一人すごい唄い手さんがいなくなりました

藤村さんのご冥福をお祈りいたします



~市民病院~

馴染みの酒場のとまり木で 安酒飲んでた時のこと

真っ青な顔して飛び込んできた女 俺の顔をみるなりこういったのさ

あんたのあの子が病院で待っている 車に跳ねられ死にそうって

慌てて病院へとんでったら シーツよりも白い顔でねてた

お医者に具合をきいてみたけど どうせ助かりませんよってつれない返事

やり切れない気持ちでもどったら 誰にもみとられず冷たくなっていた

行かせておくれあの子を天国とやらに 世界中探したってあんないい子はいやしねえ

小さな車にさびしい花かざり はこばれてくあの子よ さよならおさらばさ…




スポンサーサイト
EDIT  |  22:24  |  つぶやき  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

*Comment

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.05.01(土) 00:26 |   |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。