2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.09.07 (Tue)

友だち




友だちは大事やで ほんまに ほんまに 大事やで

絶対なくしたら あかんのやで 友だちは大事やで

おまえが泣きたいときは おまえの涙を拾ってくれる

心の中が 心の中が 明るくなってくる


友だちは大事やで ほんまに ほんまに 大事やで

絶対なくしたら あかんのやで 友だちは大事やで

おまえが苦しいときは おまえの苦しみ背負ってくれる

心の中が 心の中が こんなに軽くなる


友だちは大事やで ほんまに ほんまに 大事やで

絶対なくしたら あかんのやで 友だちは大事やで

おまえがうれしいときは おまえの喜び感じてくれる

心の中が 心の中が 喜びであふれる


友だちは大事やで ほんまに ほんまに 大事やで

絶対なくしたら あかんのやで 友だちは大事やで





大好きな唄です

福祉関係のイベントとかでよく唄ってます

友だちってほんとに大事ですよね

なくしたくはありません




スポンサーサイト
EDIT  |  22:09  |   |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

■「ともだち」で思いだしたのですが

「いつどこ」を始めたのは「ともだち」の作者:中筋さんです。
今は、京都へ引越したこともあり、来なくなって久しいですが、
当時は、そのメンバーであちこち出演して、以外にポップなうたを唄っていましたよ。先日、偶然にRay-Gさんの過去のブログで成人式の後の事故の事を読みました。当時、職場が事故現場の近くで、大変な事故があったことは知っていました。まさか、それが知り合いの事故とは、、
この出来事とオーバーラップするのですが二十数年前いつどこの仲間でとんでもなくギターの上手いやつがバイクの大事故で死んでしまったことを思い出しました。鮫島まさみ1stCDの中の「街頭の下で」はこのときの思いを歌にしたものです。(作:井上利夫)何か、話にとりとめなくなってしまいました。
申し訳ありません。
ベースマン |  2010.09.11(土) 13:09 |  URL |  【コメント編集】

■Re: 「ともだち」で思いだしたのですが

ベースマン様

そうだったんですか
「いつどこ」を始めたのが中筋さんだったとは…

事故は自分だけではどうしようもない時というのがあります
この成人式で亡くなった事故も後輩はたまたま通りがかっただけです
そこに飲酒の同じ新成人の子がつっこんできたんです
それで亡くなったのはその「たまたま」通りががった後輩なのです

「街頭の下で」はそう言う唄だったんですね
聞き直してみます
ray・G |  2010.09.13(月) 18:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。