2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.07.07 (Tue)

七夕




今日は七夕ですがあいにくのお天気

彦星さんと織姫さんはめでたく会えたのでしょうか



そもそも七夕ちゅうのは、五節句のひとつ

1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕、9月9日の重陽が五節句


季節の変わり目に供え物などをして祝う行事もしくはその供え物を指す意味もありるそう


では供え物ちゅうのは、人日は七草粥、上巳は草餅、端午は粽(ちまき)、重陽は菊酒、栗飯、そして七夕は索餅(さくべい)だそうです

索餅とは素麺のことのよう



万葉集にはいくつも歌が載ってる


柿本人麻呂歌

天の川 安の渡りに 舟浮けて 秋立つ待つと 妹に告げこそ

大空(おほそら)ゆ 通ふ吾(あれ)すら 汝(な)がゆゑに 天の川道(かはぢ)を なづみてぞ来し

我が背子に うら恋ひ居れば 天の川 夜船漕ぐなる 楫(かぢ)の音(と)聞こゆ

君に逢はず 久しき時ゆ 織る服(はた)の 白栲衣(しろたへころも) 垢(あか)付くまでに


山上憶良歌

彦星(ひこほし)は 織女(たなばたつめ)と 天地(あめつち)の 別れし時ゆ いなむしろ 川に向き立ち 思ふそら 安けなくに 嘆くそら 安けなくに 青波に 望みは絶えぬ 白雲に 涙は尽きぬ かくのみや 息づき居らむ かくのみや 恋ひつつあらむ さ丹(に)塗りの 小舟(をぶね)もがも 玉巻きの 真櫂(まかい)もがも 朝凪に い掻き渡り 夕潮に い漕ぎ渡り 久かたの 天の川原に 天飛ぶや 領巾(ひれ)片敷き 真玉手(またまで)の 玉手さし交(か)へ あまた夜も 寝(いね)てしかも 秋にあらずとも

反歌
風雲(かぜくも)は 二つの岸に 通へども 吾(あ)が遠妻の 言ぞ通はぬ

礫(たぶて)にも 投げ越しつべき 天の川 隔てればかも あまたすべなき




なんてね

はるか万葉の時代におもいをはせて

さぁちょっと星でもみましょか…





スポンサーサイト
EDIT  |  22:39  |  つぶやき  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。